貧乳になる原因

貧乳になる原因について

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

美しいボディスタイルに憧れる女性にとって、貧乳の悩みはとても大きな問題になります。そして、貧乳を解消する為には、その原因を知る必要があります。そこで、貧乳になる原因について紹介してみます。

貧乳は遺伝が原因なの?

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

貧乳には、いくつかの原因がありますが、その代表的な原因の一つとして挙げられるのが親からの遺伝です。身長や骨格が親子で似るように、胸の成長にも遺伝的な要素が深く関わっています。特に、胸の大きさについては母親からの影響が大きいので、母親の胸が大きければ娘も同様に育つ可能性があります。

 

ただし、貧乳の原因は遺伝のみではなく、親子で大きさが変わるケースもあるので、あくまでも傾向的に似ると考えるのが良いでしょう。

 

胸以外の遺伝が原因になることも

同じ遺伝でも、貧乳になりやすい体格や体質を受け継ぐ場合があり、それにより胸が大きくならないケースもあります。このようなケースでは、その問題を改善することで胸が成長を始める場合があるので、まずは胸が小さい原因を究明する必要があると言えます。

 

遺伝だけが原因ではない

母親と娘の育つ環境が違っていれば、親子で胸の大きさや体格に差が生じることもあります。つまり、母親から大きい胸の遺伝子の受け継ぎが期待できなくても、生活習慣を変えることで大きい胸に育てられる確率がアップするということです。

 

体の成長は、生活環境や習慣にも左右されるので、遺伝だからと貧乳の解決を諦めてしまうのは早すぎます。また、成長期であればまだまだ間に合うチャンスは沢山あるので、母親が貧乳でも生活を客観的に見直して育乳に取り組むことが大切になります。

貧乳は痩せすぎや栄養不足が原因になることも

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

痩せすぎている方は、体脂肪率が低下している状態なので、脂肪を必要とする胸も当然ながら痩せています。一般的に、胸の大きい女性はポッチャリしていたり、標準よりも体脂肪率が高い傾向があります。

 

そして、胸の大きい人が過度なダイエットや筋トレを行うと、体と一緒に胸も痩せてしまうなど、脂肪と胸には深い関係性があります。

 

胸の成長には脂肪も必要

胸を大きく成長させるには、乳腺の発達と適度な胸への脂肪の蓄えが必要になるので、ダイエット志向が強い方や痩せ細ったスタイルを目指している女性には難しくなります。また、太ることを嫌ってご飯やパンなどの炭水化物を遠ざけてしまうと、体脂肪の材料が不足してしまい勿論痩せてしまいます。

 

そして、胸の成長には栄養不足も関わっているので、食が細く貧相な体付きをしている人は要注意です。食べすぎることも体に悪影響を及ぼしますが、栄養不足も当然ながら良い結果をもたらさないので、健康維持の目的を含めても食生活を改善することが欠かせません。

 

胸の成長には食生活の改善も必要

体質的に体脂肪が付きにくい方もおりますが、食生活と生活習慣の改善で貧乳を解消できる可能性があります。なので、食が細い人は運動習慣を取り入れるなどして、なるべく体を動かすようにするとお腹が減って食事量を増やすことができます。

 

そして、小食の方は、食事はバランス良く摂り少し多い位の量が丁度良いので、標準的な食事量で苦しくなる方は少し食が細いかもしれません。少し苦しいかもしれませんが、他人よりも多く食べられるようになれば痩せすぎは改善でき、栄養不足も解消できるので胸の成長にも期待できます。

貧乳はホルモンバランスの乱れも原因

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

母親の胸は決して小さくなく、食事量にも問題はないのに貧乳の方は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。ホルモンバランスとは、体付きに影響するホルモンの割合のことで、女性ホルモンの量が多いと女性らしいボディを形作ります。

 

しかし、女性の体には男性ホルモンも少し存在しており、女性ホルモンとの間でバランスを保っています。ホルモンバランスの乱れとは、まさに女性ホルモンが減って割合が崩れてしまっている状態になります。

 

女性ホルモン

女性ホルモンとは女性が多く持つホルモンで、胸の大きさに深く関係している乳腺組織を成長させる役割を担っています。また、体脂肪の付きやすさも女性ホルモンの作用によるものなので、ホルモンバランスの乱れはカラダに重大な影響を及ぼします。

 

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンのバランスを乱れさせる切っ掛けとしては、下記の原因があります。

 

  • 不規則な生活習慣
  • 夜更かしによる睡眠不足
  • ストレスの溜め込み・解消不良
  • 体を動かさないことによる運動不足

 

人間の体には、人それぞれ固有のリズムがあるので、生活習慣が乱れるとホルモンバランスも一緒に乱れてしまいます。そして、夜更かしや睡眠不足は成長ホルモンの分泌を阻害し、運動不足は成長ホルモンの分泌量を減らしてしまいます。

 

また、過度なストレスは体を歪ませ不調を招いたり、育ち盛りの子どもの成長を止めてしまうことすらあります。

 

ホルモンバランスを正常にするには

ホルモンバランスを正常にするには、以外にも体脂肪が関係しています。先述の通り、体脂肪は胸の大きさに関わるだけでなく、女性ホルモンの分泌を促すように働いています。

 

なので、ホルモンバランスを正常に保つには、多少の体脂肪を身体に付けるよう意識し、健康的な生活習慣を心掛けるのが大切になります。

血行不良も貧乳の原因

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

血行不良も、胸の成長を阻んでしまう原因になります。腸で吸収された栄養素は、血液の流れに乗って全身に運ばれるので、血行不良で栄養が胸に行き届かなければ胸の大きさが成長しないのも当然のことになります。そして、血行不良になる原因は下記のことが考えられます。

 

歪んだ姿勢

歪んだ姿勢は血行不良になりやすく、肩凝りや頭痛にも影響するほどなので、胸の成長に悪影響が出ても不思議ではありません。さらに、歪んだ体は胸を美しく見せないだけでなく、背中が丸まっていると実際よりも胸が小さく見えてしまいます。

 

なので、貧乳に悩んでいる方は姿勢の悪さを軽視せず、正しい姿勢に改善することをおすすめします。また、血行の悪さは姿勢だけが原因ではないので、他の原因についても同時にケアして改善に取り組むことが必要になります。

 

食生活

血行不良は、血管の状態や血液の質が影響しているので、食生活が偏り気味で冷え性だったりすると悪化します。また、スナック菓子や間食が好きな人は血糖値が高くなりやすく、血液がドロドロに粘り出すと血行不良に結び付きます。

 

ストレス

ストレスは、血液の粘性に影響を与えていると言われています。なので、ストレス溜め込んだりしてしまうと、血行が悪くなる結果に繋がります。

 

冷え性

身体が冷えると血管が収縮し、血行が悪くなるだけでなく細胞の活動を低下させてしまいます。それにより、進むはずの体の成長を停滞させてしまいます。

間違えたブラジャーの選び方も貧乳の原因

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

ブラジャーには、デザインが可愛いものや見た目だけサイズアップできるものなど、たくさんの種類があります。しかし、そのような基準だけでブラジャーを選んだりしていると、知らず知らずのうちに貧乳の原因になっていることもあるので注意が必要です。

 

胸を潰している可能性

ブラジャーは、正しいサイズ・カップ選びが出来ていないと、締め付けによりオッパイが潰されていることもあります。自分で思っているよりも、バストサイズやカップが大きかったりなんてことはよくあります。なので、ブラを選ぶ際は、プロの店員さんにサイズを計ってもらうことも大切になります。

 

目的に合ったブラをしていない

ブラジャーには様々な種類があり、下記のような目的に応じて機能するよう設計されているので、正しい選び方をする必要があります。

 

運動時

スポーツなどの激しい運動をする時は、スポーツブラ(スポブラ)をすることをお勧めします。

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

おっぱいには、クーパー靭帯という胸を支える筋があり、運動によって伸びたり切れたりしてしまうと、胸が垂れたりして小さく見える原因になります。スポーツブラは、普通のブラとは違いワイヤーが入っていないので動きやすく、バストが必要以上に揺れないようサポートしてくれます。

 

就寝時

夜の睡眠中は、ナイトブラを着用することをお勧めします。

 

バスト,育乳,貧乳,原因

 

就寝時はノーブラで過ごすという女性も多くいますが、寝返りなどで胸が様々な方向に動くことを考えると、しっかりと胸を支える必要が出てきます。また、睡眠中はホルモンの働きが活発になるので、育乳できるナイトブラは貧乳の解消に最適です。

 

クリスチャンマリアナイトブラは、就寝時に着けるだけで育乳で着るナイトブラなので、貧乳の悩みを解消したい方はとてもオススメです。クリスチャンマリアでバストのサイズアップにチャレンジしてみてください^^

クリスチャンマリアの購入はこちら!口コミ評判・効果も掲載トップページへぺったんこな貧乳がコンプレックスの方、お手軽に育乳ケアに取り組みたい方は、トップページでクリスチャンマリアの詳細をチェックしてみてください。